コンテンツへスキップ

膠原病のシェーグレン症候群は女性に多い病気です

女性ホルモンの影響らしく、膠原病疾患はとても女性に多い病気の1つです。

数種類ある膠原病の中で、私が現在患っている疾患はシェーグレン症候群という病気は、口の中が乾燥し唾液の分泌量が異常に少なくなり、味覚が鈍感になったりします。

あとの目立った症状はドライアイです。今まで、あまり気にしていなかったけど、スマートフォンの画面を見ている事が辛くなり涙が出てきました。

変だと思い検査をしてみると、かなり水分量が少ない事が分かり、シェーグレン症候群と確定診断するために、口にの中にある唾液腺を取る生検をして陽性だったため、診断がつきました。

現在は、大学病院の耳鼻科にある口腔乾燥味覚外来に通院しています。

採血の結果、私は亜鉛が少ないと分かり、薬をサプリメントで補充していますが、たまに味覚が分かりにくくなったり、口の中がいつもパサパサしていて、とても不快な症状が続いています。

最近では、美味しい物を見てもあまり食べたいと思わなくなっているので、少し心配しています。

わたしは学生のときにうつ病を発症してしまいました。とにかく体も動かず意欲もわかずで本人にもどうしようもないのですが、「大学に行くこともできず、皆さんに迷惑をかけてしまって申し訳ない」という自責の念でいっぱいでした。
「おまえなんて死んでしまった方がいい」という幻聴のようなものも聞こえ、毎日生きるだけでつらかったのを覚えています。

担当教員に相談し、総合病院を受診したところ、うつ病であるという診断が下されました。その時点で母に看護に来てもらい、教員とさらなる相談の上、心療内科を探すことになりました。
教員の推薦で大学病院の精神科を受診することができ、そこから、現在も通い続けているメンタルクリニックを紹介していただきました。
そこに通い始めてからは、効果のある薬を試し、療養して体調を整えていく生活が始まりました。長い時間がかかっていますが、今ではだいぶ良くなってきています。

うつ病になったのは、あなたが弱いためではありません。あなたのせいではありません。ご自分を責めず、とにかく心と体を休めてください。そしてどうか回復を焦りすぎないでください。

PR|内職 アルバイト|童話|GetMoney|JALカード|健康マニアによる無病ライフ|ショッピングカート|マッサージのリアル口コミ.com|オーディオ|女性の人生|家計見直しクラブ|工務店向け集客ノウハウ|初値予想|英語上達の秘訣|クレジットカードの即日発行じゃけん|生命保険の口コミ.COM|女性向けエステ.com|アフィリエイト相互リンク|