コンテンツへスキップ

見つけにくい?自律神経失調症の症状

睡眠不足というわけでもないのに、何だか足元がふわふわとおぼつかなく、目が回るような感覚がする。耳の奥から嫌な音が絶え間なく聞こえる気がする。別に運動もしておらず、緊張する場面でもないのに、やたらに胸がどきどきして体が火照ったり、嫌な汗がたくさん出る…。こんな症状が何度も定期的に出ると、心配になりますね。ただ、内科などに行って検査をしてみても、何も異状なしと言う結果が出る場合があります。おかしいな、と首をかしげたくなりますが、これは心因性による病気かもしれません。

こういった症状で一番確率が高いのは、「自律神経失調症」です。交感神経・副交感神経からなる自律神経系、という脳内物質に異常が出ているケースで、長期的なストレスにさらされ続けることが原因で発症します。

内科の検診などで異常を発見するのは難しいので、まずは心療内科など精神系の医療機関で相談しましょう。原因となるストレス軽減に取り組む他、効果的なリラクゼーションや服薬などで、改善が見込めます。