コンテンツへスキップ

小児科で出されていた薬・咳で出されていた薬

子供が小さな頃に行っていた小児科では、シロップが処方されました。きっとこの薬を飲んだらよくなるだろうと思っていたのです。ですが全然良くならず、また受診しました。そしてこの薬が効かないような話をしてもまた同じ薬を処方されたのです。たまたま違うところで新しい小児科が開業したのでそちらに行くことにしました。そして風邪などをひいて例えばその薬が効かなかった時には違う薬を処方してくれました。
私が咳で悩まされて病院に行った時に薬を処方されたのでが、全然効かなかったことがあったのです。そこの病院に初めて行った時に小さな時の病気の履歴みたいなものを聞かれて答えました。そのこともあって最終的には咳喘息ということがわかってそれに対応した薬を処方してくれました。それからは何かあった時にはそこに通院するようになりました。
薬が効かないと言っても変えてくれないようなところは考えたほうが良いかと思います。変えてくれたほうが早く治るということも考えられます。

PR|乳がん検診は出産後も定期的に